英語字幕で学ぶ-スポンジボブ2-世界の終わりなんかじゃないって

今回もスポンジボブからのフレーズです。

スポンジボブが歩くたびに、キュッキュッと音が鳴る長靴。
これがちょっとした面倒を引き起こします。

and this, and this, and this.
永遠と続きそうな “And this”にMr.Crabはオフィスに引き籠り。
それでもボブはお気に入りの長靴を履いてご機嫌なのですが…

 “Squeaky Boots” スクウィーキーってどういう意味?

タイトルから意味不明な単語が。
私もこの単語、知らなかったんですよね。

スポンジボブには沢山、「—ky」という英単語が出てきます。

で、このSqueakyの意味は何かというと、
チューチューいう、キーキーいう、きしむ音
とありました。

アニメでは長靴なので、キュッキュくらいが良いよね。
なんて言って、ノートにはメモしてました。

ちなみに、squeakyは形容詞。
名詞と動詞はsqueak。

Why is my bicycle squeaking?

類語は、screech,creak,だそうです。

まだ聞こえるよ(悲)

カニ店長(Mr.crab)がオフィスにこもってつぶやいたフレーズ。

I can still hear it.
まだ聞こえるよぉ。

ここでの注意は、stillの位置。
canの後、動詞の前

待ち合わせをして1時間たっても友達が来ない。
そこに母が帰ってきて、

Are you still here?
まだいたの?

Yeah, I’m still waiting for my friend.
そうよ。まだ友達を待ってるのよ。

be動詞がある時は、be動詞の後に入れましょう。

世界の終わりじゃないって

長靴を失くしたボブに、カニ店長が。

It’s not the end of the world.
世界の終わりってわけでもないだろ。

theが2回も出てくる慣用句ですが、映画や曲のタイトルにもよく使われています。

ちなみに反意語は、the beginning of the world
ついでに覚えるといいですね。

まとめ

日本語でも日常会話の中で、なかなか「きしむ」なんて表現使わないですよね。

私なら不快な音を表現するとき、なんでも「noisy」で片づけちゃいそうです。

次回は”Peppa Pig”から、短い英文を中心に紹介します。

シェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次