仲間はずれ-フレンズ-シーズン3

ドラマで英語学習、と検索すると必ず出てくる「フレンズ」
私も大好きです。
DVDも全シーズン購入しました。

シーズン終了後に何回かあった全員集合のトーク番組、
いまだにYoutubeで探してみてます。

仲良し6人組の姿が、いろんな素敵なものを思い出させてくれるんですよね。

表現が古いという指摘もあるけど、会話表現を学ぶにはとっても有効。
内容も身近だし、フレンズは本当におすすめです。

それでは、フレンズ3の第17話から使えるフレーズをいくつか。

本当に筋違いよ

ロスとレイチェルが別れてしまい、どちらに付くかで振り回されるフィービーたちの話です。

前話ではロスが寄りを戻そうとレイチェルに歩みよります。
でも別れた後にロスがデートをしたことがばれてしまい、レイチェルが激怒。
二人の関係は更に悪化します。

それを皆に説明するジョーイのセリフ。
Well, I guess he says that.
Because they were on a break when it happened.
That she should’ve forgiven him by now.
オレが思うに、彼が言いたいのは、
別れてた時に起こったことだから、
彼女はもう許すべきだってこと。

それに対してのフィービーは、
He is so unreasonable.

ドラマの日本語訳には「そんなの屁理屈よ」とあります。

unreasonableは、理性的ではない、無理な、むちゃくちゃな

That’s an unreasonable price.
法外な値段

別れてすぐ誰かと付き合うのは、アリなのかナシなのか。
まぁ、寄りを戻す予定があるなら、やめた方がいいですよね。

どうして?まだ怒ってるの?

レイチェルの誘いにのり、5人だけでスキー旅行に来たジョーイたち。
でもやっぱりロスのことが気になります。

ジョーイ:
Hey, does anybody else feel bad about Ross?
なぁ、ロスに悪いよな
モニカ:
Why?
Do you think he’s still mad at us?
なんで?
まだ私たちに怒ってるの?

mad at +人
人に腹を立てる

このフレーズのポイントは、前置詞「at」
他の前置詞だと意味が違ってきます。

例えば、
mad on+人(物)
意味は、夢中になる

mad about
これは前後の内容で意味が変わってきます。
夢中になったり、怒ったり、両方の意味で使えます。

じゃあ、mad about だけ覚えておく。
という末っ子の声が聞こえてきそうです。

シェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次