私の仕事は英語で何カラージョブ?今日のレッスン

帰国してから再入会したネイティブキャンプ。
なるべく毎日頑張ろうね。
を合言葉に親子で続けています。

今日は、そんなネイティブキャンプのレッスンから学んだ表現をご紹介。
何かのお役に立てると嬉しいです。

言葉は使ってなんぼ

あなたの仕事は何カラー?

ネイティブキャンプにはデイリーニュースと言う教材があります。
私は気になるトピックがあると使っています。

最近使ったのは、
Japanese Salarymen’s Lunchtime Budget & Savings

サラリーマンのお昼代金とその節約についてです。
男性が500円で足りる?
無理でしょ。と思いながら読んでました。
興味がある方はぜひ検索してください。

デイリーニュースの後半はディスカッションなのですが、これがなかなか面白いんです。
特に今回深堀りしたのはこの質問。
Would you prefer a white-collar job or a blue-collar job?
Please explain.
ホワイトカラーとブルーカラーの仕事、どちらが良いですか。

私は事務職なのでホワイトです。
でも、パートのキッチンスタッフの仕事はブルーなのか。
ここが分かりませんでした。

私のブルーカラーのイメージが外で働く人、肉体労働者だったからです。
色んな職業を挙げて行くうちに、ピンクやグレーが出て来て。

先生も迷い始めて、結局ふたりで検索しながら話しました。
楽しかったです。

ちなみにblue-collar jobは、
製造業、建設業、漁業、農業に携わる人たちを指します。

キッチンスタッフはサービス業なので、pink-collar jobです。

ホワイトでもブルーでもないGray-collarとか、
軍属のBrown collar
風俗業のScarlet collar
先端技術やソフト開発をするNew Collar

あとは多言語から出来た色わけもあります。
例えば中国語から、政府の職に就く人たちはred collarという感じです。
面白いですよね。

国によって好まれる色、嫌われる色。
そんな視点から会話を繋げるのも良いかなと思ったテーマでした。
明日はどんな新しいテーマがあるか楽しみです。




シェアしてね!
  • URLをコピーしました!
目次